人を創る、みらいを創る

九工教加入団体一覧

see more

九工教について

九州工学教育協会の前身である九州工業教育協会は、工学教育のあり方について大学・高等専門学校と産業界が一緒になって議論を深め、わが国の産業の発展を支える技術系人材の育成を図ることを目的として昭和27年に設立されました。また、ほぼ同時期に、全国的な組織として日本工業教育協会も設立されています。
九州工業教育協会設立後、我が国は高度経済成長期、オイルショック、失われた10年と呼ばれる時期など様々な時代を経て現在に至っています。近年は、グローバル化やイノベーションを支える人材育成といった課題に直面しており、九工教ではこれに対応して充実した取組みを行うため、平成30年度には下記のような組織に改編して活動を行っています。
see more

工学のトビラ

  • 電圧を測って温度を知る!? ~抵抗温度計とその応用~

    電圧を測って温度を知る!?
    ~抵抗温度計とその応用~

    理科の実験では液体の温度を棒状のアルコール温度計で測ります.では,街の気温計,車のインパネの温度計,エアコンのリモコン,体温計等々,至るところで目にする温度はどうやって測っているのでしょう.そこで使われているのは,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変化する性質を用いたセンサです. そのため,センサに電気を流して電圧Eと電流Iを測ります.そして,オームの法則E=IRより電気抵抗Rを求めます.予め...
  • 花火の原理で鉄をみる ~スカイツリーを検査する~

    花火の原理で鉄をみる
    ~スカイツリーを検査する~

    東京のシンボルになりつつある東京スカイツリーを始め,日常生活のいたるところに鉄の姿を見ることができます. 身近に使用される鉄は純鉄ではなく炭素,リン,硫黄,窒素,マンガンなど多種類の元素が入っています.求められる特性を持つ高品質な鉄を作る過程では,この混ざっている元素の濃度をねらった値に調整することがとても重要となります.では,どのように濃度を確認するのでしょうか? 高校物理では,光子...
  • 弱い鉄から強い鋼に 自在に強さを変える!

    弱い鉄から強い鋼に
    自在に強さを変える!

    自動車,橋,建物など私たちの身の回りには多くの鉄が使われています.もともとの純鉄は弱いものですが,工業製品に用いられる鉄(鋼)は,用途に応じて弱いものから強いものまで,その値は何倍も変化しています.どのようにして鉄の強さを自在に変えることができるのでしょうか? 物質を構成している結晶は,原子が規則正しく配列しています(格子).しかし,純鉄の結晶には配列が乱れた「転位」と呼ばれる部分があり,外力が...

各種賞について

九州工学教育協会では、各種賞に関しまして、募集しております。
see more